ケノン 全身脱毛

ケノンの全身脱毛ってどうなの?

本当にケノンの脱毛はスゴイの?

ケノン

テレビ・冷蔵個・パソコン・洗濯機など約105万種の類家電製品の
楽天全家電ランキングランキング1位記録の更新を続けている
IPL脱毛器ケノン

 

ケノンが人気の理由の1つに、他メーカーの家庭用脱毛器よりも
圧倒的に脱毛スピードが早いことがあります。

 

ケノンの次に性能が良いと言われる家庭用脱毛器とケノンを比較し
脱毛スピードや脱毛範囲などの細かい内容を検証してみました。


 

 

 

 

ケノンの脱毛スピードと全身脱毛回数は?

右画像はケノンのハンドピースと脱毛のフラッシュを出す照射部のサイズです。
ここでは、ケノンとその次に全身脱毛が早いと言われている、家庭用脱毛器(A)との脱毛面積を
比較してみました。

 

ケノン 全身脱毛

ケノン 全身脱毛照射範囲
ケノン 全身脱毛ケノン:3.5cm×2cm=7cm2
ケノン 全身脱毛脱毛器(A):3.0cm×2cm=6cm2
照射範囲は脱毛器(A)に比べるとケノンは1cm2広い

 

ケノン 全身脱毛チャージ時間(1回フラッシュして2回目までの待機時間)
ケノン 全身脱毛ケノン:約5秒間
ケノン 全身脱毛脱毛器(A):約8秒間
チャージ時間は脱毛器(A)に比べるとケノンは約3秒間短い

 

ケノン 全身脱毛この状態で10分間続けてフラッシュを照射できる面積は
ケノン 全身脱毛ケノン:約840cm2
ケノン 全身脱毛脱毛器(A):約450cm2

 

10分間では脱毛器(A)よりもケノンは約2倍近く脱毛範囲が広いことがわかります。

 

 

また、成人女性が全身脱毛をする場合は平均120,000cm2に照射する必要があると言われます。
照射面積から全身脱毛するための回数を計算すると
ケノン 全身脱毛ケノン:120,000cm2÷7cm2=17,142回
ケノン 全身脱毛脱毛器(A):120,000cm2÷6cm2=20,000回

 

脱毛面積1cm2の差は、全体の照射面積が広くなるほど大きくなり、全身脱毛をされる場合には
約3,000回も少なくなります。

 

ケノンのカードリッジ価格は、7,700円で38000発照射できるので、1発にかかる脱毛コストは
7,700円÷38000発0.20円となります。

2012年7月23日追記
ケノンのカードリッジ照射回数が38000発照射から50000発照射に改良されました。
これにより、1発にかかる脱毛コストは
7,700円÷50000発=0.15円となります。

ケノン 全身脱毛他社IPL脱毛器とケノンを比較したコスト計算はコチラ

 

ケノンは全身脱毛を効率化

ケノン 全身脱毛

ケノンの操作に慣れていない頃は、毎回脱毛する範囲を確認して
フラッシュを照射させること方法が確実です。
しかし、操作に慣れると毎回、照射のスタートボタンを押す手間が
面倒になってきます。
また、ハンドピースを当てたのにスタートボタンを押し忘れて
脱毛範囲に照射できていないといった事が起こります。

 

このように、扱いに慣れてきた方がスタートボタンを押す手間と
押し忘れを防止のためにケノンには自動照射モードがあります。
自動照射モードは、スタートボタンを押さなくてもハンドピースの
照射部を脱毛場所に当てるだけで自動的にフラッシュを照射します。

 

 

自動照射モードを使いこなすことで、手元は見ずに、テレビや雑誌を見ながらでも
ハンドピースを滑らすだけで、簡単に全身脱毛をすることができます。

 

ただし、ホクロ周辺にフラッシュを照射する場合は充分注意してください。
ホクロをメラニン色素と認識したフラッシュがホクロを焼いてしまうことがあります。
ホクロ周辺にフラッシュを当てる場合は、ホクロにパッチ(絆創膏)などを貼り付けて
充分にホクロを保護するようにしてください

 

ケノン 全身脱毛 他社メーカーと比較しても圧倒的に高いケノンの性能

 

家庭用脱毛器ケノンを上手に手に入れるには?

ケノン 全身脱毛ケノンは家族・恋人・友達などみんなで使えます。
ケノンは男性のヒゲ脱毛にも効果があるので、家族や恋人同士でも使うことができます。
たとえば、ケノン本体は使う人でお金を出し合い、マイカードリッジで使い分けるなんてどうでしょうか?
シェア人数が多くなるほど脱毛にかかるコストも、さらにお得になります。

 

ケノン 全身脱毛脱毛の悩みを無料で専門家に相談
ケノンには平日朝10:00〜夜22:00まで対応の脱毛無料相談ダイヤルというサポートがあります。
脱毛に関連する不安や疑問を専門知識に精通した経験豊富なスタッフ(最低経験3年以上)が対応します。

 

ケノン 全身脱毛キャンペーンやタイムサービスをチェック!
ケノンは頻繁にかなりお得な大幅値引きや付属品追加のサービスが実施されています。
しかし、購入者が多いため時間限定のタイムセールなので、こまめにチェックすることをオススメします。
ケノンは商品にかかる送料や代引き手数料は無料となっています。
また、学生の方やクレジットカードをお持ちでない方も、分割払いが可能です。

ケノン 全身脱毛IPL脱毛器ケノンの総合評価はコチラ

 

楽天ランキングで売上げランキング1位の脱毛器ケノン。
ケノンは全身脱毛のスピードが他の脱毛器よりも抜群に早いという話ですが、その脱毛スピードについて検証してみました。
脱毛範囲であるフラッシュの照射面積が3.5cm×2cm=7cm2、ほかの脱毛器よりも広く、チャージする時間が約5秒間と少ない。
ほかの脱毛器(A)は、フラッシュの照射面積が3.0cm×2cm=6cm2、チャージする時間が約8秒間
これをお互いに10分間使用した場合だと、ケノン:840cm2 ほかの脱毛器(A):450cm2となり比較すると10分間でケノンだと、ほかの脱毛器(A)の2倍近くの面積にフラッシュを照射できます。
この場合にひじ下だと22発で全範囲にフラッシュを当てることができます。
また、照射面積と照射回数を計算すると、成人女性が全身脱毛をする場合の平均照射面積が120000cm2として
ケノンの場合は120.000cm2/7cm2=17142回
ほかの脱毛器(A)は120.000cm2/6cm2=20000回
このように1cm2違うだけでも照射回数は約3000回も違います。
ケノンには、フラッシュの照射モードを手動モードから自動モードに切り替えることができます。ケノンに慣れないうちは手動モードで毎回ボタンを押してフラッシュをさせ、慣れてきたら自動モードに使用する。
自動モードだとその都度フラッシュボタンを押さずに、テレビを見ながらなどハンドピースを当ててスライドさせるだけで脱毛ができます。
また、ハンドピースの重量も携帯電話と同じ120gなので腕に負担が掛かかりません。
また、ほかの製品はフラッシュの使用回数が多くなると急激にパワーが下がる製品がありますが、ケノンの場合は照射Lv.1で38.000回フラッシュを照射してもパワーが下がりません。
そのため、高いお金や時間を割いてまで脱毛エステやサロンなどの店舗に通うよりも、自宅で脱毛専門店と同様な全身脱毛ができるケノンに人気が集まっているのです。